ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中のよくある質問Q&Aの中の税金Q&Aから赤ちゃんが生まれたときの住民税の扶養控除はどうなるの?
更新日: 2017年9月20日

質問

赤ちゃんが生まれたときの住民税の扶養控除はどうなるの?

私の子どもは、昨年の12月26日に生まれ、友人の子どもは今年の1月5日に生まれました。
私も友人も年末調整での子どもの扶養申請が間に合いませんでしたが、どうすればよいでしょうか。

回答

扶養親族の認定は昨年の12月31日現在の状況で判定されます。
あなたの場合は、子どもが昨年中に生まれていますので、下記のいずれかの方法で扶養申請の手続きを受けることができます。
 
1. 年末調整の再調整をしてもらう。
2. 自分で確定申告を行い、「 住民税 事業税に関する事項 」の「 住民税 」の欄に16歳未満の扶養親族を記入する。
3. 市役所税務課にて、住民税の申告を行う。

ご友人の場合は、今年に入ってから子どもが生まれていますので、昨年の年末調整における扶養認定の対象とはなりません。


平成24年度より、年少扶養親族(16歳未満)の扶養控除は廃止されました。
「 所得税 」および「 住民税の所得割 」の算出時において、16歳未満の扶養親族は扶養控除の対象外となりました。  
しかし、「 住民税の非課税基準額の算定 」 「寡婦(夫)控除の判定」 等は、扶養親族の人数が用いられますので、今後も16歳未満の扶養親族を申告する必要があります。
(16歳未満の扶養親族について、扶養控除は廃止されますが、引き続き扶養親族には該当します)
  

※あなたが扶養している人が亡くなった場合
扶養している人が亡くなった場合の扶養親族の認定は、12月31日現在の状況ではなく、その死亡時点での扶養状況で判定しますで、年の途中で亡くなっても、その年分の所得については扶養控除が認められます。


関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス