ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の税金関係証明から申立書に添付する書類
更新日: 2014年6月1日

申立書に添付する書類

※申立書には下記一文を記入し提出してください。
  『なお、証明書交付後、この申立書に虚偽があることが判明した場合には証明を取り消され、税額の追徴を
  受けても異義ありません。』
※申立書には、入居が登記の後になる理由を具体的に記入してください。また、現住家屋の処分方法等が未 
  定の場合には、下記1から4以外に5、6の書類(原本指定以外写し可)が必要となります。

1.現住家屋を売却する場合

  ・ 売却することを証する書類(現住家屋の売買契約(予約)書、媒介契約書など)
  ・ その家屋に居住していることが確認できる現在の住民票

2.現住家屋を賃貸する場合

  ・ 賃貸することを証する書類(現住家屋の賃貸契約(予約)書、媒介契約書など)
  ・ その家屋に居住していることが確認できる現在の住民票

3.現住家屋が借家、借間、社宅、寄宿舎、寮などの場合

  ・ 現住家屋が証明申請者の所有する家屋ではないことを証する書類
    (家主との間の賃貸契約書、使用許可証、家主の証明など)
  ・ その家屋に居住していることが確認できる現在の住民票

4.その他、現住家屋に証明申請者の親族が住む場合

  ・ 現住家屋が今後、証明申請者の居住の用に供されるものではないことを証する書類
    (親族の申立書(原本)など)
  ・ その家屋に居住していることが確認できる現在の住民票

5.資金を借りるため抵当権設定を急ぐ場合など、
   登記を入居後に遅らせることのできない場合

  ・ 資金の貸付などに係る金銭消費賃借契約書または代金の支払期日の記載のある売買契約書など

6.前住人が未転出であること、本人または家族の病気など
   やむを得ない事情により登記までに入居ができない場合

  ・ 前住人と証明申請者または宅建事業者との間の引渡し期日の記載のある売買契約書
  ・ 治療期間が記載された医師の診断書など

ご不明な点がある場合はお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス