ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の住民税から税額控除
更新日: 2017年10月6日

税額控除

 控除には所得控除の他に税額控除があります。所得控除が所得の合計から差し引くのに対し、税額控除は税額から直接差し引く控除です。


調整控除

平成19年度の税源移譲によって所得税と住民税の税率が改正されました。所得税と住民税を合わせた税率は移譲前と移譲後で変わりません。しかし、所得税と住民税では下記のとおり人的控除額に差があるので、合計の税率が変わらないとしても住民税の負担が増えてしまう人が出ることになります。
そこで、この負担増を緩和する措置として「調整控除」が設けられました。

調整控除額の求め方

 課税所得金額が200万円を超える場合

  • 人的控除額の差額の合計額-(課税所得金額-200万円)}×5%
    この計算式で求めた値が2,500円未満の場合でも2,500円の控除が認められます。

課税所得金額が200万円以下の場合

次のいずれかの少ない方の金額

  • 人的控除額の差額の合計額 × 5%
  • 課税所得金額 × 5%
所得税と住民税の人的控除額の差額
人的控除の種類
所得税
住民税
人的控除額の差額
 
 障害者控除
 普通障害
27万円
26万円
1万円
 特別障害
40万円
30万円
10万円
 寡婦控除
 一般寡婦
27万円
26万円
1万円
 特別寡婦
35万円
30万円
5万円
 寡夫控除
27万円
26万円
1万円
 勤労学生控除
27万円
26万円
1万円
 配偶者控除
 一般
38万円
33万円
5万円
 老人
48万円
38万円
10万円
 配偶者特別控除
 38万円超え40万円未満
38万円
33万円
5万円
 40万円以上45万円未満
36万円
33万円
3万円
 扶養控除
 一般
38万円
33万円
5万円
 特定
63万円
45万円
18万円
 老人
48万円
38万円
10万円
 同居老親
58万円
45万円
13万円
 同居特別障害者加算
35万円
23万円
12万円
 基礎控除
38万円
33万円
5万円


外国税額控除

外国において所得税や住民税に相当する税が課税されているとき、国際間で二重課税とならないように調整するための控除です。

  1. 所得税で控除できる限度額
    その年分の所得税額×(その年分の国外所得総額÷その年分の所得総額)=所得税控除限度額(A)
     
  2. 県民税の所得割から控除できる限度額  (A)×12%
     
  3. 市民税の所得割から控除できる限度額  (A)×18%


配当控除

総合課税分として申告した配当所得がある場合に適用を受けることができる控除です。
配当所得額に以下の控除率をかけた金額を控除額とします。

 
配当控除の控除率
 配当の種類
 
1,000万円以下の部分
 
1,000万円を超える部分
 
市民税
 
県民税
 
市民税
 
県民税
剰余金の配当
利益の配当
剰余金の分配
証券投資信託の収益の分配
特定株式投資信託の収益の分配
1.6 %
1.2 %
0.8 %
0.6 %
特定株式投資信託以外の証券投資信託の収益の分配
0.8 %
0.6 %
0.4 %
0.3 %
一般外貨建等証券投資信託の収益の分配
0.4 %
0.3 %
0.2 %
0.15 %


住宅借入金等特別税額控除

住宅ローンを組み住宅の取得や増改築をした人が対象となる控除です。平成21年度税制改正により、所得税の住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税から控除しきれなかった額がある場合は、住民税からも控除できるようになりました。
詳しくは、住民税における住宅借入金等特別税額控除をご覧ください。



寄附金税額控除

都道府県または市区町村への寄附金(「ふるさと納税」)や都道府県または市区町村が住民の福祉の増進に寄与するものとして条例で定める寄附金等は、住民税から一定の金額を控除することができます。

対象になる寄附金

  1. 都道府県や市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)
  2. 福岡県内の共同募金会および日本赤十字社に対する寄附金
  3. 福岡県が条例により指定した寄附金

詳細については福岡県のホームページからも参照できます。

 

寄附金税額控除額の求め方

寄附金額については、総所得金額等の30%を上限として計算されます。


基本控除

対象となる寄附全てにおいて認められます。

基本控除額 = (寄附金額 - 2,000円) × 10%


特例控除

都道府県、市町村または特別区に対する寄附(ふるさと納税)は以下の特例控除額が加算されます。

特例控除額 = (寄附金額 - 2,000円)×(90% - 所得税率×1.021)

 ただし、この特例控除額は住民税所得割額(調整控除後)の2割を上限とします。


ワンストップ特例制度

ふるさと納税をした自治体が5箇所以内であれば確定申告をしなくても寄附金控除が受けられる仕組み(ワンストップ特例制度)が創設されました。ワンストップ特例制度を利用した人は所得税の減税が受けられないので、その分を翌年の住民税から控除します。

ワンストップ特例控除額 = (寄附金額 - 2,000円)×  所得税率×1.021

  • あらかじめ寄附先の自治体に申請が必要です。
  • 確定申告、住民税申告をした人はワンストップ特例制度が適用されません。申告の際は必ず寄附したことが確認できる書類を添付してください。


配当割額または株式等譲渡所得割額の控除

上場株式等に係る配当所得や上場株式等の譲渡所得を申告した納税義務者は、住民税分として差し引かれた配当割額や株式等譲渡所得割額を住民税の所得割から控除することができます。

 
控除できる割合
市民税の所得割から控除できる金額
県民税の所得割から控除できる金額
 
配当割額、株式等譲渡所得割額の5分の3
 
配当割額、株式等譲渡所得割額の5分の2


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス