ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の住民税から住民税とは
更新日: 2017年10月5日

住民税とは

 

一般に、市民税と県民税を合わせて住民税とよばれています。
住民税とは、市民のみなさんにとって最も身近な 「まちの仕事」 にかかる費用を、それぞれの負担能力に応じて分担し合うという性格の税金です。  


住民税申告のご案内(別のページにうつります)

 

住民税の税率と計算方法

住民税は「均等割」と「所得割」に分けて計算し、それらを合計した額が課税されます。

個人住民税 = 均等割 + 所得割 

 
 

均等割

所得の大小にかかわらず、一律の税額が課税されます。
筑紫野市の均等割額は、5,500円 です。 住民税非課税基準に該当する人を除く全員に課税されます。

 
均等割の内訳
市民税 県民税 合計
3,500 円
2,000 円
5,500 円
  • 防災 、 減災事業の財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、年額1,000円引き上げられ 5,500円となっています。
  • 県民税には、福岡県森林環境税として500円が含まれます。

所得割

前年中の所得に応じた金額を負担する税金です。
所得割の税額は、一般に次のような方法で計算されます。

 
 
1.
 
 
2.
 
 
3.
 
 
4.
   
 
( 所得の合計額
 
 
  所得控除額 )
 ×
 
税率10%
 
 
税額控除額
 =
 
所得割額
  1. 所得の合計額
    前年1月1日から12月31日までに得た所得(給与所得、年金にかかる雑所得、事業所得など)を合計します。
    所得の種類と計算
     
  2. 所得控除額
    納税者の実情に応じた税負担を求めるために、税率をかける前に所得の合計額から差し引くものです。
    扶養している親族や支払った社会保険料、障がいを持っている等の事情により計算します。
    所得控除について
     
  3. 税率
    所得の合計額から所得控除額を差し引いた額(課税所得といいます)に税率をかけます。
    税率は課税所得の大小にかかわらず10%で、市民税6%と県民税4%を合計したものです。
     
  4. 3. で計算した税額から「税額控除」とよばれるものを差し引きます。
    住宅借入金等特別控除、ふるさと納税にかかる寄附金税額控除などが該当します。
    税額控除について
 

住民税を納める人( 納税義務者 )

住民税は、国籍を問わずその年の1月1日現在の住所地で、前年の1月から12月までの1年間の所得に対して課税されます。以下の表に該当する人のうち、非課税限度額を超える所得がある人に課税されます。

 
個人住民税を納める人
筑紫野市での居住形態 均等割 所得割
筑紫野市の住民基本台帳に記載があり(住民票があり)、実際に筑紫野市に居住している人
対象になります
対象になります
筑紫野市の住民基本台帳に記載がない(住民票がない)が、実際に筑紫野市に居住している人
対象になります
対象になります
上記以外の人で筑紫野市内に事務所や事業所または家屋敷(賃貸目的のものは除く)を有する人
対象になります
対象になりません

住民税の課税は1月1日時点で判定されます。年の途中で転出した場合も1年分を転出前の市町村に納税することになります。また、1月2日以降に死亡した場合は相続人に納税義務が承継されます。

 

住民税が非課税となる人

均等割 所得割とも非課税となる人

  1. 生活保護法の規定による生活扶助を受けている人
  2. 障がい者、未成年者、寡婦または寡夫で前年の合計所得金額が125万円以下の人
  3. 前年の合計所得金額が次の計算式で求める金額以下の人
  • 扶養親族がいない人 
    合計所得金額 ≦ 315,000 円 
     
    例えば、
    給与やアルバイト、パート収入のみの場合、収入額が96万5千円以下
    65歳未満で年金収入のみの場合、年金支給額が101万5千円以下
    65歳以上で年金収入のみの場合、年金支給額が151万5千円以下
    のときに該当します。
     
  • 扶養親族(16歳未満の扶養親族も含む)がいる人
    合計所得金額 ≦ 315,000 × ( 1+ 扶養人数 )+ 189,000 円


所得割のみ非課税となる人

前年の総所得金額等の合計額が、次の計算式で求める金額以下の人

  • 扶養親族がいない人
     総所得金額等 ≦ 350,000 円
     
  • 扶養親族(16歳未満の扶養親族も含む)がいる人
     総所得金額等 ≦ 350,000 × ( 1 + 扶養人数 )+ 320,000  円

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス