ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(税金)の中の住民税から住民税における住宅借入金等特別税額控除
更新日: 2017年10月5日

住民税における住宅借入金等特別税額控除

住宅ローンを組み住宅の取得や増改築をした人が対象となる控除です。平成21年度税制改正により、所得税の住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税から控除しきれなかった額がある場合は、住民税からも控除できるようになりました。


対象となる人

以下のすべての要件を満たす人が対象となります。

  • 平成11年から平成18年の間、もしくは平成21年以降に居住を開始した。
    注意1 平成19年および平成20年に居住を開始した人は対象外となります。
    注意2
    控除期間は所得税の住宅借入金等特別控除の適用をうけている期間と同じです。
      
  •  住民税において所得割が課税されている。
     
  •  所得税において住宅借入金等特別控除の適用がある。 
     
  •  住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税から控除しきれなかった額がある。

計算方法

平成26年3月までの間に居住を開始した人

 住民税の住宅借入金等特別控除の対象になる金額は、次の1.2.のうちのいずれか少ない方です。
控除できる上限額は97,500円です。

1.住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税から控除しきれなかった額 
2.所得税の課税総所得金額等×5% 

平成26年4月から平成33年12月までの間に居住を開始した人

住宅等を消費税5%で取得した場合

平成26年3月までの間に居住を開始した人と同じ計算方法です。

住宅等を消費税8%で取得した場合

 住民税の住宅借入金等特別控除の対象になる金額は、次の1.2.のうちのいずれか少ない方です。
控除できる上限額は136,500円です。

1.住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税から控除しきれなかった額 
2.所得税の課税総所得金額等×7%   


手続き方法

初めて控除をうける人

初年度は必ず所管の税務署で確定申告をしてください。確定申告をすることによって住民税においても住宅借入金等特別控除が適用されます。

所得税の確定申告における住宅借入金特別控除について(国税庁HP)


2年目以降控除をうける人

勤務先で年末調整を受ける人

税務署から発行される「年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書」、および金融機関から発行される「住宅ローン年末残高等証明書」を勤務先に提出して年末調整を受けてください。

それ以外の人

住宅ローン年末残高等証明書等を基に所管の税務署で確定申告を行ってください。


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 税務課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス