ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の個人番号カード・通知カードから住民基本台帳ネットワークシステム
更新日: 2015年12月29日

住民基本台帳ネットワークシステム

 平成14年8月5日、住民基本台帳法の一部を改正する法律が施行され、全国の市区町村を結んだ住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)がスタートしました。

住基ネットとは

 全国の市区町村と都道府県、地方公共団体情報システム機構を専用の情報通信網(ネットワーク)で結び、全国の行政機関が相互に情報を共有できる新たな仕組みです。
 共有する情報は、住民基本台帳の氏名・生年月日・性別・住所・住民票コードなどで、住民サービスにかかわる、法律に定められた行政事務に限定して利用されます。
 これにより、住民サービスの向上、行政事務の効率化を図ることができます。

住民票コードについて

  • 住民票コードは住所、氏名などに変更があっても番号は変わりませんが、本人の申出によって、いつでも変更することができます。ただし、本人確認できるもの(住民基本台帳カード、免許証、パスポート、保険証など)が必要となります。なお、番号を指定することはできません。 
  • 住民票コードは暗証番号ではありません。普段使用することはほとんどありませんが、今後行政機関への届出や申請のときに求められることがあります。 
  • 住民票コードを民間が使用することは、法律で禁止されています。

 ※住民票に記載される外国人の住民票コードは平成25年7月に付番しています。

個人情報の保護対策

 住基ネットでは、みなさんの大切な個人情報を取扱うため、制度面、技術面、運用面などあらゆる面で厳重に個人情報を保護しています。

  • 都道府県や指定情報処理機関※が保有する情報は、氏名・生年月日・性別・住民票コード・付随情報などに法律で禁止されています。
  • 法令により、情報の提供先と利用目的を明確に規定するとともに、民間での住民票コードの使用を禁止しています。
  • 通信には専用回線を使用し、ファイアウォール(不正な接続を防止する装置)などを設置します。また、情報は暗号化されています。これらにより外部からの不正侵入や情報の漏えいを防止します。
  • 市区町村や都道府県、指定情報処理機関のシステム操作者に守秘義務を課し、刑罰を加重します。

※指定情報処理機関

 住基ネットの円滑な運営を行うために、総務大臣により指定された機関で、住基ネットを24時間監視しています。地方公共団体情報システム機構が指定されています。

住民基本台帳ネットワーク二次サービスについて

 平成15年8月25日より住民票広域交付のサービスが始まりました。

リンク

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 市民課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス