ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の国民健康保険から退職者医療制度
更新日: 2015年10月22日

退職者医療制度

退職者医療制度について

  退職者医療制度は、健康保険加入者が医療の必要性が高まる退職後に被用者保険(会社等の健康保険)から国民健康保険に移ることによって生じる、保険者間の格差を是正するために創立された制度です。
 一般被保険者と退職被保険者の自己負担割合や保険税率に違いはありませんが、退職者医療制度では医療費の一部が被用者保険からの費用負担で賄われます。退職者医療制度が適正に適用されない場合は、国民健康保険が負担する医療費の増大を招き、国民健康保険加入者のさらなる保険税負担につながりますので、退職者医療制度に該当する場合は届出をお願いします。

次のいずれかに該当する人は、退職者医療制度の届出をしてください。

退職被保険者(本人)

  • 平成27年3月31日以前に国民健康保険(他市町村の国民健康保険も含む)に加入している人
  • 65歳未満
  • 厚生年金や共済年金の加入期間が20年以上又は40歳以降で10年以上あり、受給権を取得している人(まだ年金を受けていなくても、受給権があれば該当)                                ※平成27年4月以降に年金の受給権が発生する人は対象となりません

被扶養者(退職被扶養者)

  • 国民健康保険に加入している人
  • 65歳未満
  • 退職被保険者本人の配偶者もしくは三親等以内の親族等
  • 退職被保険者本人と同じ世帯で、生計を維持されている
  • 現在の年間収入額が130万円未満(60歳以上の人、障害者の人は180万円未満)

届出

 年金の受給権が発生し、年金証書を受け取ったら、14日以内に届け出てください。また、退職被扶養者の要件に該当する場合や、退職被扶養者の人が対象から外れた場合は届け出てください。

届出に必要なもの

  • 国民健康保険証
  • 年金証書(厚生年金や共済年金などの加入期間がわかる書類)
  • 印鑑

※届出がなくても、当市において退職者医療制度に該当することが確認できた場合は、退職者医療制度を適用されることになります。

退職者医療制度に該当していた人が65歳になると

 退職者医療制度の対象となる期間は65歳になる月(誕生日の前日が属する月)までです。それ以降は一般被保険者になりますので、一般被保険者証を世帯主に対して郵送します。(手続きの必要はありません。)
 なお、退職者被保険者本人が65歳になった場合は、被扶養者の人も一般被保険者になります。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 国保年金課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス