ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の国民健康保険から国民健康保険税の緩和措置
更新日: 2014年10月27日
 

国民健康保険税の緩和措置について

 

 後期高齢者(長寿)医療制度の創設に伴い、後期高齢者医療制度に該当する人がいる国保世帯の負担増を緩和するため、一定の要件に該当する世帯に保険税の軽減を図る緩和措置を行います。

 

軽減措置

 

該当世帯には、軽減後の税額で通知しますので、手続きの必要はありません。

 

1.軽減判定についての見直し措置

 

 これまで法定減額(7割・5割・2割軽減)の適用を受けていた世帯について、国保から後期高齢者医療制度へ移行したことによって世帯の国保被保険者数が減少しても、国保から後期高齢者医療制度へ移行した人も含めた人数及び総所得金額等の合計で軽減判定を行い、要件に該当すれば軽減措置を受けることができます。

 
 

2.平等割額に関する軽減措置(8年間)

 

 国保から後期高齢者医療制度へ移行した人と同一の世帯に属し、国保被保険者が1人となる世帯については、5年間、医療保険分と後期高齢者支援分の平等割額が半額(2分の1軽減)となり、その後3年間、医療保険分と後期高齢者支援分の平等割額が4分の3(4分の1軽減)となります。

 

 また、保険税の法定軽減(7割・5割・2割軽減)が適用される世帯については、平等割額に関する軽減措置適用後の平等割額から更に法定軽減が適用されます。


減免措置

 
 

該当世帯には、加入時に減免申請書をお渡しします。

3.旧被扶養者に対する減免措置(当分の間)

 

 職場の健康保険(国民健康保険組合を除く)の加入者が後期高齢者医療制度に移行したことにより、その人の扶養からはずれ国保に加入した人(「旧被扶養者」といいます)は、新たに保険税を負担することとなるため、旧被扶養者である65歳以上の人については、申請により減免が受けられる場合があります。

減免の内容

 

 旧被扶養者に係る所得割が免除となります。 

 旧被扶養者に係る均等(1人当たり)割額が半額となります。

 旧被扶養者のみで構成される世帯は、平等(世帯)割額が半額となります。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 国保年金課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス