ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の国民健康保険から国民健康保険税
更新日: 2017年4月7日
 

国民健康保険税

 

国民健康保険税

 

 病気やケガをしたときの医療費や出産育児一時金、葬祭費などの費用は、納められた国民健康保険税と国の補助金などでまかなわれています。国民健康保険税は保険制度を支える重要な財源ですので、決められた納期内に納めましょう。

 

 また、国民健康保険税は申告所得をもとに計算します。申告をしていないと所得割額を計算することができず、所得が少ない世帯の軽減措置を受けることもできません。所得の申告は、毎年お忘れのないようにお願いします。



 

国民健康保険税の計算方法

 

 下記の「医療保険分の保険税+後期高齢者支援分の保険税+介護保険分の保険税」の合計金額が1年間分の国民健康保険税の金額になります。

 
医療保険分の保険税
所得割国保加入者の前年中の総所得金額等にかかる保険税(総所得金額等-基礎控除)
×6.9パーセント
世帯限度額
54万円
均等割国保加入者の人数にかかる保険税24,000円×加入者人数
平等割国保世帯にかかる保険税24,000円
 
後期高齢者支援分の保険税
所得割国保加入者の前年中の総所得金額等にかかる保険税(総所得金額等-基礎控除)
×1.7パーセント
世帯限度額
19万円
均等割国保加入者の人数にかかる保険税6,000円×加入者人数
平等割国保世帯にかかる保険税6,000円
 

 

 介護保険分の保険税(介護保険第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)がいる世帯は、介護保険分の保険料もかかります。)

 
介護保険分の保険税
所得割対象者の前年中の総所得金額等にかかる保険税(総所得金額等-基礎控除)
×1.5パーセント
世帯限度額
16万円
均等割対象者の人数にかかる保険税11,000円×加入者人数

※ 介護保険第2号被保険者のうち、介護保険の被保険者としない施設(介護保険適用除外施設)に入所・入院している国保加入者は、届出により介護保険分がかからなくなります。

 

※ 国民健康保険税は、加入の届出をした日からではなく、最後に加入していた保険が切れた時点から課税されます。(最長3年度さかのぼります)

 


 

計算例

 

・世帯主(45歳) 妻(42歳) 子ども2人 計4人家族の場合
・世帯主の前年中の総所得金額等=400万円
・他の世帯員の総所得金額等=なし

 
  医療保険分 後期高齢者支援分 介護保険分
(1)所得割
(総所得金額等-基礎控除)
×税率
(400万円-33万円)
×0.069
=253,230円
(400万円-33万円)
×0.017
=62,390円
(400万円-33万円)
×0.015
=55,050円
(2)均等割
人数×税率
4人×24,000円=96,000円4人×6,000円=24,000円2人×11,000円=22,000円
(3)平等割24,000円6,000円なし
税額
(1)+(2)+(3)=
(100円未満切捨)
373,200円(A)92,300円(B)77,000円(C)
国民健康保険税
(医療分+後期高齢者支援分+介護分)
A+B+C=542,500円(12ヶ月分)
 

所得割の算定における総所得金額等について

 総所得金額等とは、地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額および山林所得金額、土地の譲渡等に係る事業所得の金額、土地・建物等に係る長期・短期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得の金額(源泉徴収選択口座を通じて行った上場株式等の譲渡による所得のうち確定申告をしないことを選択したものは除きます)、先物取引に係る譲渡所得の金額、条約適用利子等に係る利子所得等の金額の合計額です。
※退職所得(退職金を一時金として受け取る場合)は、総所得金額等には含みません。

所得割の算定における総所得金額等に適用される控除

 純損失の繰越控除、事業専従者給与等控除、土地・建物等に係る長期・短期譲渡所得等の特別控除

所得割の算定における総所得金額等に適用されない控除

 雑損控除(繰越控除を含む)、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、損害保険料控除(平成19年分より廃止)、地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除、扶養控除、配偶者控除、配偶者特別控除


 
 

所得が少ない世帯の軽減措置

 

 世帯主及び国保加入者の前年の総所得金額等の合計が、国の定める基準所得以下の世帯については保険税の均等割額・平等割額を減額する制度があります。
※4月1日現在の被保険者及び特定同一世帯所属者の数とその総所得金額等の合計で判断します。(この日以降の新規加入世帯はその資格取得日で判断します)

  • 7割軽減 基準所得 33万円
  • 5割軽減 基準所得 33万円+27万円×(被保険者数+特定同一世帯所属者数)
  • 2割軽減 基準所得 33万円+49万円×(被保険者数+特定同一世帯所属者数)
 

※その年の1月1日現在で65歳以上の公的年金受給者はその年金所得から最高15万円を控除した金額で軽減判定します。
※事業専従者給与等控除や土地・建物等に係る短期・長期譲渡所得等の特別控除の適用は行いません。
※特定同一世帯所属者とは、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人のことです。

 


会社の倒産・解雇などで離職した人に対する軽減措置

 

 国民健康保険では、被保険者で離職された人に対して、離職後の負担を軽減することを目的に、平成22年度の国民健康保険税から一部軽減する制度が始まりました。

対象者

 

平成21年3月31日以降に退職された人のうち、以下の「1」、「2」として失業等給付を受ける人

 

1. 雇用保険の特定受給資格者(倒産・解雇などによる離職)
   離職理由コード:11・12・21・22・31・32

 

2. 雇用保険の特定理由離職者(雇い止めなどによる離職)
   離職理由コード:23・33・34

 

※離職理由コードは、雇用保険受給資格者証に記載されています。

軽減方法

軽減は、離職した人の前年中の給与所得を100分の30 とみなして算定を行います。

軽減期間

離職した翌日から翌年度末までの期間

※雇用保険の失業等給付を受ける期間とは異なります。
※国民健康保険に加入中は、途中で就職しても引き続き対象となりますが、会社の健康保険に加入するなどして国民健康保険を脱退すると軽減は終了します。

申請方法

筑紫野市役所 本館 1階 6番(国保年金課)の窓口に以下のものを持参のうえ申請してください。

市庁舎案内図(フロアマップ)

  • 国民健康保険被保険者証 
  • マイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード、通知カード等)
  • ハローワーク(公共職業安定所)にて交付された雇用保険受給資格者証(原本)

国民健康保険税の納税義務者

 

 国保税の納税義務者は住民票の世帯主になります。世帯主が国保の加入者でない場合(擬制世帯主といいます。)でも、世帯に国保に加入している人がいる場合は世帯主が納税義務者となり、世帯主に対して納税通知書が発送されます。
 なお、実際に国保税を支払っている人が擬制世帯主ではなく国保の加入者自身であり、現在の擬制世帯主が世帯主の変更について同意をされており、納期が到来した国保税を完納されていれば、申請によって国保の加入者を「国保上の世帯主」とすることができる場合があります。この取扱いは擬制世帯に限った取り扱いです。
 詳しくは「国民健康保険における世帯主」をご覧ください。

 
 
 

国民健康保険税の納期

 普通徴収で納めていただく保険税の納期は、通常9期となっています。一年分(12か月分)を6月から翌年2月までの9回でほぼ均等に分割して納付していただきます。納付書または口座振替でお支払いください。

国民健康保険税の納期
4月 5月 6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
普通徴収  1期2期3期4期5期6期7期8期9期随時期
   
特別徴収     随時期

 
 

 納め忘れを防止するためにも、口座振替による納付をお勧めいたします。口座振替をしていただける場合は、納付書及び預金通帳・印鑑(通帳の届出印)をお持ちになり、筑紫野市指定の金融機関でお申し込みください。

 

※納期限に金融機関が休みの場合は、翌営業日が納期限となります。

 

※国民健康保険税は、4月から翌年3月までの年度ごとに計算して納めることになります。このため、各納期の税額がその月の保険税とはなりません。場合によっては国民健康保険脱退のお届けをいただいた後に、月割で再計算した結果、脱退された月以降の納期に税額が残ることがあります。

※随時期分につきましては口座振替による納付ができませんので、お手元の納付書をご使用ください。

※特別徴収とは、年金から直接納付していただく支払方法です。詳細は後述の特別徴収対象世帯をご参照ください。



納期別税額の端数処理

 税額を納期で割り振ったとき、納期ごとの金額に100円未満の端数が生じた場合は、その端数をすべて最初の納期に合算します。また、加入者の異動等により税額が変更され、100円未満の端数が生じた場合には、その端数を変更後最初の納期に合算します。



特別徴収対象世帯

 国民健康保険税の特別徴収の対象世帯は、次の1から5のすべての条件にあてはまる世帯です。
 該当する世帯は、世帯主の年金から国民健康保険税が天引きで徴収されます。

1 世帯内の国保被保険者全員が65歳以上75歳未満であること。
2 世帯主が国民健康保険に加入していること。
3 世帯主が介護保険料を特別徴収されていること。
4 世帯主が年額18万円以上の年金(担保に供していないものに限る)を受給していること。
5 世帯主の国民健康保険税と介護保険料の1回あたりに徴収する合計額が、2カ月に1回支給される年金  
  受給額の2分の1を超えていないこと。  


※ただし、国民健康保険税の未納がなく、口座振替で納付されている人は、特別徴収の対象から除くことができます。

※年度当初課税時に特別徴収の人であっても、年度の途中で国保被保険者に異動があった場合や国民健康保険税額が変更された場合、普通徴収へ切り替わることがあります。


 

国民健康保険税を納めないでいると…

 

 災害などによる特別な事情がなく国民健康保険税を滞納すると、督促や催告が行われるほか、保険証の有効期限が短くなったり、保険証を返還していただくなどの措置がとられます。場合によっては出産育児一時金や葬祭費を含む医療給付の差し止めや財産の差し押さえなどの滞納処分に及ぶこともありますので、期限内の納付をお願いします。

 

 納付が困難な場合は、そのまま放置せずに、必ず納付相談にお越しください。



 

国民健康保険税の減免

 

 災害等により生活が著しく困難となった人、またはこれに準ずると認められる人は、申請により保険税の減免が受けられることがあります。


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 市民生活部 国保年金課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-1134


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス