ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の生涯学習・社会教育(青少年・成人)から社会教育委員の会における提言書
更新日: 2016年5月11日
 

筑紫野市社会教育委員の会における提言書

「体験活動のススメ ~子どもの体験活動についての提言・実践事例~」

「子どもの体験活動」の推進と実践事例を社会教育委員(※)が提言

 平成28年4月6日(水曜日)、筑紫野市社会教育委員の会(稲住和夫代表、砥綿信子副代表)が、提言書「体験活動のススメ~子どもの体験活動についての提言・実践事例~」を上野二三夫教育長に提出しました。
 これは、昨年提出した提言書に、筑紫野市内の地域で取り組まれている体験活動の実践事例を加えて新たに策定されたものです。
 上野教育長は稲住代表、砥綿副代表をはじめ、社会教育委員の会各委員のこれまでの活動や、今回の提言を策定していただいたことに対してお礼の言葉を述べるとともに、提言をしっかりと受け止め、今後の取り組みに生かしていきたいと抱負を述べました。

 
 

 
提言書を提出に訪れた稲住和夫代表と砥綿信子副代表
上野教育長に提言書を提出する稲住代表稲住代表と砥綿副代表稲住代表と砥綿副代表
 

提言書はこちらからダウンロードすることができます。
 ・提言書「体験活動のススメ~子どもの体験活動についての提言・実践事例~」(PDF形式 1.18MB)

※社会教育委員は社会教育法に規定され、社会教育に関して教育委員会に助言する役割を持ちます。
  筑紫野市では16人の委員が地域づくり・絆づくりのため活躍しています。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 生涯学習課
電話番号: 092-918-3535
ファックス番号: 092-923-0416


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス