ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の学校教育から「筑紫野市いじめ防止基本方針」について
更新日: 2017年4月1日

「筑紫野市いじめ防止基本方針」

 
 
 市では、いじめの根絶を目指してさまざまな取り組みを推進してきましたが、平成25年9月に制定された「いじめ防止対策推進法」に基づき、「筑紫野市いじめ防止基本方針」を策定しました。
 「いじめ しない させない みのがさない」という強い決意でいじめと対峙し、いじめ防止等の取り組みを市全体で円滑に進めいていくことを目指し、全ての子どもの人間形成、健全育成およびいじめのない子ども社会の実現を方針の柱としています。
 

筑紫野市いじめ防止基本方針 (PDF形式、272kbyte)

小学生のみなさんへ(PDF形式、128kbyte)

中学生のみなさんへ(PDF形式、144kbyte)

筑紫野市いじめ防止基本方針の概要

1 いじめ防止等のための基本的な考え方

 全ての子どもは、かけがえのない存在であり、家庭、地域や社会の宝です。一人一人の子どもが健やかに成長していくことは、いつの時代も社会全体の願いであり、豊かな未来への実現に向けて最も大切なことです。
 いじめ防止の対策は学校の内外を問わず実施し、またいじめが許されない行為であることを児童生徒が理解し、いじめを受けた児童生徒の保護が特に重要であることを認識し、問題の克服を目指します。また、この理念のもと、市、学校、保護者、子ども自身がいじめの起きない風土づくりに努め、市全体で子どもの健やかな成長を支え、見守ります。

2 いじめ防止等のために市が実施する施策

 いじめ防止・早期発見のための、諸機関、諸団体等との連携強化や相談・通報体制の整備、広報・啓発活動の充実、教職員の研修の実施などに努めます。
 関係機関の連携強化のために「筑紫野市いじめ問題等対策連絡協議会」を設置します。また、学校におけるいじめ防止等のための対策を行うために、教育委員会の附属機関として「筑紫野市いじめ防止等対策委員会」を設置します。

3 いじめ防止等のために学校が実施すべき施策

 各学校は、「学校いじめ防止基本方針」を策定し、「校内いじめ対策委員会」を組織します。いじめの早期発見に努め、発見・通報を受けた場合には迅速に報告・連絡・相談を行い、校内いじめ対策委員会を中核として速やかに対応します。なお、市内小中学校、全16校においても「学校いじめ防止基本方針」を策定しています。

4 重大事態への対処

 いじめにより、児童生徒の生命、心身または財産に重大な被害があるとき、長期間欠席するときを「重大事態」とし、市教育委員会または学校は、対処するため速やかに事実関係の調査、報告を行います。また、いじめを受けた児童生徒およびその保護者に対し、経過報告を含め、適切に情報提供します。また、必要があると認めるときは「筑紫野市いじめ問題調査委員会」を設置し、再調査を行います。

筑紫野市いじめ防止基本方針の推進体制

 
筑紫野市いじめ防止基本方針の推進体制の図

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 学校教育課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-9644


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス