ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から弥生時代の祭祀(青銅製銅戈・隈・西小田遺跡群[光が丘])
更新日: 2018年1月4日
 

弥生時代の祭祀(青銅製(どう)()(くま)西(にし)小田(おだ)遺跡群[光が丘])

 水稲耕作が定着した弥生時代には、さまざまな祭祀の儀式が行われていたようです。

 隈・西小田遺跡群の人目につかない山間の地中から、弥生時代中期ごろ(約2,000年前)の青銅製の銅戈が23本もまとまって発見されました。クニグニの争いが始まり青銅製の銅剣や銅矛(どうほこ)、銅戈という武器が登場し時代ですが、豊かさを願う鹿の刻印があることから、これらの銅矛は戦闘ではなく祭祀で使うために作られたものであると考えられます

 この遺跡群からは鏡や(てっ)()(かい)()などを持つ有力首長の甕棺(かめかん)()も発見されています。首長がクニ・富を守り豊作を願うため、銅戈を大地に捧げる儀式を行っていたのでしょう。

 
隈・西小田遺跡群出土の銅戈
隈・西小田遺跡群出土の銅戈
 

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス