ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から若江天神社前遺跡の古道跡
更新日: 2013年5月10日

若江天神社前遺跡の古道跡

 若江天神社前遺跡は、西鉄大牟田線の南、筑紫駅西口土地区画整理事業地内にある遺跡です。平成11(1999)年に6,789平方メートルの調査が行われ、丘陵裾部を抜ける古道跡が見つかりました。古道跡は、中世前期を下限とする幅約6mのもので、約100m区間が見つかりました。この道路は古代にまで遡る可能性もありますが、どことどこを結ぶ道路なのか、その解明は今後の課題です。
 西方に延長すると「筑紫氏居館跡」とされる矢倉遺跡があり、周辺に「城の越」、「大手門」、「裏門」、「城屋敷」などの地名が残されていることからみて、ある時期にここを起点として機能した広域道路である可能性も考えられています。
 (参考:若江天神社前遺跡 筑紫野市文化財調査報告書第78集)      
 若江天神社前遺跡の古道跡
  

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス