ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から塔原塔跡(国史跡)
更新日: 2009年4月20日

塔原塔跡(とうのはるとうあと)(国史跡)

 県道31号線の塔原交差点の傍らに、古代寺院の塔心礎(とうしんそ)(塔の中心に立つ柱を乗せる基礎石)が残っています。江戸時代、貝原益軒(かいばらえっけん)が著した『筑前国続風土記(ちくぜんのくにぞくふどき)』には、この石が「塔原」という地名の由来になっていることが記されています。この塔心礎は、中心に2段になった方形の舎利孔(しゃりこう)(釈迦の遺骨を納めるための穴)があるのが特徴で、このような形式は、九州ではこの塔原塔跡(塔原廃寺)と上坂廃寺(福岡県豊前市)の二例だけという極めて珍しいものです。
 聖徳太子の伝記『上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ)』の裏書きには、筑紫大宰帥蘇我臣日向(そがのおみひむか)白雉(はくち)5年(654)に孝徳天皇の冥福を祈って「般若寺(はんにゃじ)」を建立したことが記されており、それがこの塔原廃寺のことではないかと考えられています。
                                    [『筑紫野の指定文化財』より]
 
塔原廃寺の塔心礎
写真 塔原廃寺の塔心礎

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス