ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から筑紫神社粥占行事及び粥鉢一口(市無形民俗文化財)
更新日: 2009年4月20日

筑紫神社粥占行事及(ちくしじんじゃかゆうらぎょうじおよ)粥鉢一口(かゆはちいっこう)(市無形民俗文化財)

五穀豊穣、国内安全を願って粥を炊き、粥の表面に発生するカビを見て、その年の農作物、天候、流行病の吉凶等を判定する行事です。同行事に使用される銅製粥鉢の銘文から、文化2年(1805)には筑紫神社で行われていたことがうかがわれます。
 行事の内容は、2月15日(旧歴正月15日)、元旦に氏子が神社に上げた年玉(白米に昆布・するめを混ぜたもの)の米約8合で神職が粥を炊いて鉢に盛り、その上に11月卯日の宮座(原田の本座・筑紫座)で用いた柳の箸を十文字に載せ、東西南北に仕切ります。東が豊前、西が肥前、南が筑後、北が筑前で、それぞれに国名札を立て、木箱に入れ封印をして神殿に納めます。3月15日(旧歴2月初卯日)未明、神殿から粥箱を下ろして開き、神職と氏子でカビの生え具合を見て、それぞれの方角の豊作を占います。
 この行事は、本市内では他に行われておらず、県下でも類例が少なく貴重であるので、無形民俗文化財に指定されました。

 ※粥鉢の銘文
  (側面) 「奉寄進筑紫宮神粥鉢躰文化二乙丑年十一月吉日」
  (裏面) 「山鹿包賢作」
                                  [『筑紫野の指定文化財』より]

 
粥の様子
図1 粥の様子(表面にカビが生えた状態)


粥鉢
図2 粥鉢

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス