ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から高橋紹運首塚伝承地(市史跡)
更新日: 2009年4月20日

高橋紹運首塚伝承地(たかはしじょううんくびづかでんしょうち)(市史跡)

高橋紹運は、戦国時代末期の豊後国大友氏の武将です。吉弘鑑理(よしひろあきただ)の子で、はじめは吉弘鎮理(しげただ)といい、元亀(げんき)元年(1570)、高橋鑑種(あきたね)追放後の高橋家を継いで鎮種(しげたね)(入道して紹運)と改め、岩屋・宝満両城主となりました。天正(てんしょう)14年(1586)7月、薩摩国島津氏の攻撃を受け敗死しました。この首塚がある地は、島津氏の本陣付近にあたり、紹運の首は実験が行われた後、この地に埋められたとされています。
 紹運塚のことは貝原益軒の『筑前国続風土記』にもみえ、古くから注目を集めていたことがわかりますが、『筑前国続風土記附録』には「村の艮(うしとら)に茱原(ぐみはら)あり。東西四間南北五間許也。昔は封塚ありしといへとも今ハなし」。『福岡地理全誌』には「数十年前、塚ノ四方ヲ石ニテ畳メリ」とあり、変遷がうかがわれます。
                                  [『筑紫野の指定文化財』より]


高橋紹運の首塚伝承地 
写真 高橋紹運の首塚伝承地

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス