ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から柚須原の木造聖観音坐像(市有形文化財)[柚須原]
更新日: 2017年12月27日
 

()()(ばる)木造(もくぞう)(しょう)観音(かんのん)()(ぞう)(市有形文化財)[柚須原]

 「柚須原の木造聖観音坐像」は柚須原の観音堂で地域の人々により永く守り伝えられてきましたが、その特徴や光背(こうはい)の銘文から、康永(こうえい)3(1344)年に造られた、市内最古級の木造の仏像であることがわかっています。また江戸時代に書かれた「(ちく)(ぜんの)(くに)(ぞく)風土記(ふどき)()(ろく)」に、柚須原の観音堂にある康永3年の銘をもつ仏像として記されています。

 康永年間(1342年から1344年まで)はいわゆる南北朝の時代で、鎌倉幕府を滅ぼしたあとの()(だい)()天皇と足利(あしかが)尊氏(たかうじ)の争いに全国の武士が加わった騒乱の時代でした。当時の人々は不安定な時代に心の平安を求めてこの仏像を造り、大切にしてきたのかもしれません。

 
 
柚須原の木造聖観音坐像
 
観音堂内の聖観音坐像
柚須原の木造聖観音坐像観音堂内で祀られていたときの様子

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス