ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から阿弥陀三尊板碑(市有形文化財)[岡田]
更新日: 2017年12月27日
 

阿弥陀(あみだ)三尊(さんぞん)(いた)()(市有形文化財)[岡田]

 老松神社境内にあるもので、元々は鳥居のかたわらに建てられていました。近年の境内の整備に伴って、覆屋の中に移設されています。

 自然石(砂岩)の一面を整形し、表面上部に3つの(ぼん)()()(げん)()りで表しています。中央が「キリーク」(阿弥陀如来(にょらい))、右下が「サ」(観音(かんのん)()(さつ))、左下が「サク」((せい)()菩薩)を意味します。

 板碑を建てる行為は、平安時代末から中世にかけて行われた仏教作善で、日本全国に残されています。

阿弥陀三尊板碑
 
 
阿弥陀三尊板碑実測図の画像
阿弥陀三尊板碑実測図

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化財課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス