ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から古代の秤(はかり)(権衡器・大宰府条坊跡[二日市中央])
更新日: 2016年7月15日

古代の秤(はかり)(権衡器・大宰府条坊跡[二日市中央])

 大宰府条坊跡からは、奈良時代のはかりに使われた「おもり」(権衡器)が出土しています。「権」は「はかりに使われたおもり」、「衡」は「はかりざお」を意味します。45.6グラムの重さがあり、金属製のものは全国でも十数例しか知られていません。古代の制度では度量衡の単位を定め、毎年2月に検査することが決められていました。また、その管理者を大蔵省と諸国の国司とし、「ためし」と呼ばれる銅製の標準器によって検定がされていたようです。計量器の規定や管理は、国政の推進に必要不可欠であったことがうかがえます。 写真

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス