ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から旧九州鉄道城山三連橋梁(国登録有形文化財)
更新日: 2009年4月20日

旧九州鉄道城山三連橋梁(きゅうきゅうしゅうてつどうきやまさんれんきょうりょう)(国登録文化財)

明治22年(1889)12月11日、九州で最初の鉄道会社である「九州鉄道」が、博多-久留米(千歳川仮停車場/現鳥栖市)間で開通した時に、技術顧問として招聘されたドイツ人技師へルマン・ルムシュッテルの指導のもとで作られた赤レンガ造りの三連アーチ橋梁です。橋長24.5メートル、幅員4.7メートル。イギリス積み(各層ごとにレンガの小口面と長手面とが交互に見える積み方)で装飾はなく、橋脚部の基礎までレンガ構造になっています。上流側だけ水流圧を軽くするために、丸みが付けられています。三つのアーチの内中央を久良々川が流れ、両側を道路が通っています。大正9年、二日市-原田間の複線化に伴い、仮塚(かんづか)越えの急勾配を避け、東側に現在の新線を敷設したため、廃線となった区間に残っています。現在、橋梁本体は市道に利用されていますが、ほぼ開業当時の姿を残しています。「国土の歴史的景観に寄与している」として、国の登録文化財になりました。
 なお、このほか市内には、二日市の鷺田川、原田の宝珠川の2ヶ所に同時期のレンガ橋が残り、現在も鹿児島本線の鉄道橋梁として使われています。
                                    [『筑紫野の指定文化財』より]

 
城山三連橋梁
写真 城山三連橋梁(上は市道)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス