ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から城山道と立明寺地区遺跡の古代官道
更新日: 2017年8月16日

城山道(きのやまみち)(りゅう)(みょう)()地区(ちく)()(せき)()(だい)官道(かんどう)

 「城山道(きのやまみち)」と呼ばれる古代道は、()(ざいの)(そち)であった(おお)(ともの)(たび)()が任を終えて都へ帰った後に、筑後守葛井(ふじいの)(むらじ)大成(おおなり)が悲しみを詠んだ歌のみに残されています。

 今よりは 城の山道は寂しけむ 我が通はむと 思ひしものを(万葉集巻4-576)

と万葉集に登場するのが唯一で、そのルートはほとんど解明されていませんが、基肄城の東麓を抜けて大宰府と筑後国を結び、基肄駅家を経由する直線道が推定されています。
 平成20年6月から8月にかけて発掘調査した立明寺地区遺跡C地点で、奈良時代(およそ1,200年前)の古代官道と考えられる遺構が見つかりました。これは、今日まで推定されていなかった未知の官道で、城山道につながる可能性があるものです。


 
 
遺跡周辺遠景
遺跡周辺遠景(北から)
 
 
立明寺地区遺跡C地点の古代道
立明寺地区遺跡C地点の古代道(北から)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス