ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から武蔵のイヌマキ群(県天然記念物)
更新日: 2009年4月20日

武蔵(むさし)のイヌマキ(ぐん)(県天然記念物)

イヌマキ「podocarpus macrophyllus lamb.」(クサマキ、羅漢松)は、マキ科に属する球果植物類で適潤地を好み、本州南部以南の日本、琉球、中国雲南省暖地などに分布しています。武蔵のイヌマキ群は、細い渓流沿いにほぼ一列に寄せ植えられた8本と、渓流を挟んで約12メートル離れた広葉樹林内に生育している3本の計11本からなっています。最大木で樹高28.5メートル、胸高周囲2.58メートルです。県指定天然記念物のイヌマキには、宗像市大字鐘崎字岬の「織幡神社のイヌマキ自然林」がありますが、武蔵のイヌマキは織幡神社のそれに比べると胸高周囲はやや細いものの、樹高は1.5倍強(織幡18メートル)あり、生育は良好です。しかも県内では大木の分布が少なく、貴重な存在であることから、天然記念物に指定されました。
                                     [『筑紫野の指定文化財』より]

 
武蔵のイヌマキ群
写真 武蔵のイヌマキ群(春の様子)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス