ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から宝満山峰入り同行記
更新日: 2013年5月15日

宝満山峰入り同行記

 大宰府政庁の北東にある竈門山(現宝満山)山頂に八百万神(やおよろずのかみ)が祀られてから1350年を記念した《峰入り》が、4月25日(木曜日)から28日(日曜日)にかけて行われました。
 修験道は日本に古くからある山の信仰が、神道や外来の密教・道教などの影響で成立したとされています。苛酷な修行を伴うもので、中でも峰から峰へと渡り歩く峰入りは 徒そう行 といわれ、最も重視されていますが 秘行 とされていたため、史料が少なく実態がはっきりしていません。
 今回行われた峰入りは、筑前宝満山修験会 が2年間の踏査をへて、宝満山(筑紫野市・太宰府市)から英彦山奉幣殿(田川郡添田町)に至る秋峰(大峰)の往路(直線で約75km)をおよそ150年ぶりにたどったものです。

 私たちは、この峰入りに同行し、そのルートや行場と推定される位置をGPSにより記録することにしました。時には険しい道、道無き道を歩みながらの調査は困難を極めましたが、無事に英彦山奉幣殿に到着し、採灯大護摩供(さいとうだいごまく)をもって峰入りも大団円を迎えました。

 峰入りの厳しさとそれに耐え抜く修験者の姿はかつての歴史映像が再現されたかのようで印象的であり、法螺貝の重厚な音は今でも耳に残っています。さらに、小石原(東峰村)を境にした宝満山と英彦山の信仰領域の対照性を、山容が変化していく様を目の当たりにすることで体感できました。

 今回、得られた基礎データをもとに調査研究を進めていくことで、明治時代に断絶してしまった宝満山の修験道の歴史的実態を明らかにすることができるかもしれません。

 
 
 護摩炊きの様子
 日の出とともに屏山(嘉麻市・朝倉市)山頂にて護摩を焚いている。

 糸ヶ峰を歩む修験者の様子
 明け方の糸ヶ峰(東峰村)を歩む修験者

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス