ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から山家宿郡屋跡(市史跡)
更新日: 2009年4月20日

山家宿郡屋跡(やまえしゅくぐんやあと)(市史跡)

郡屋とは、郡内の村役人の集会所で、筑前六宿をはじめ主要な宿場に置かれていました。御笠郡(現在の筑紫野市・太宰府市・大野城市を合わせた範囲)では、山家・原田・二日市に置かれていましたが、現在残っているのは山家だけです。山家宿の郡屋については、文久(ぶんきゅう)2年(1862)の指図があり、建物の広さや位置関係がよくわかります。それを見ると、門を入って左に郡屋守の屋敷と宝蔵があり、その先が郡屋で敷地の中央に位置しています。郡屋の右には稲屋と穀蔵、その奥に牛馬小屋があって裏門に続いています。裏門の並びには灰屋(堆肥を置く所)・材木小屋・薪小屋があり、いちばん奥に土蔵があります。
 郡屋は入り口の先が土間になっており、土間を囲むように8畳・6畳・8畳・16畳・8畳・12畳の6部屋が設けられていました。参勤交代に係わる打合せや藩からの重要な伝達があったときには、ここに郡奉行・代官・下代・大庄屋・庄屋・組頭などが集まって会議を開きました。今では郡屋本体と宝蔵は残っていませんが、そのほかの建物はおおむね保存されており往時を偲ぶことができます。
                                    [『筑紫野の指定文化財』より]


郡屋跡(正面は郡屋守の住居) 
写真1 右の平地が郡屋跡(正面は郡屋守の住居)

郡屋指図
写真2 文久2年(1862)に作成された郡屋指図

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス