ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史からギザギザは何のシルシ?(弥生土器甕・日焼遺跡[天山])
更新日: 2018年1月11日
 

ギザギザは何のシルシ?(弥生土器甕・()(やけ)遺跡[天山(あまやま)]

 
 
 
 

 なぜ、このような形になったのかはよくわかっていませんが、福岡空港の近くにある板付(いたづけ)遺跡でも同じような形の土器が見つかっています。板付遺跡は日本で最初に米作りを始めたムラの1つであることから、日本で米作りを始めたころの人たちが使っていたものと考えられています。

 

 この土器は、現在の鍋のように食料の煮炊きに使われたものと考えられています。(ふち)の部分を拡大したものを見てください。小さな三角形の連続でギザギザになっているのがわかるでしょうか?

 
日焼遺跡出土の弥生土器(甕)

 ということで、「ギザギザは米作りのシルシ」なのでした。博物館などで似たような土器を見つけたら、それは「米作りのシルシ」と思ってください。

 
縁の拡大

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス