ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から平等寺エヒメアヤメ(市天然記念物)
更新日: 2009年4月20日

平等寺(びょうどうじ)エヒメアヤメ(市天然記念物)

エヒメアヤメ(Iris rossii Baker)は、中国地方、四国、九州、および朝鮮半島、中国東北部、中北部で、低山地に分布している多年草です。葉は長さ15センチメートルから20センチメートル。花は春から初夏に、径4センチメートル程のアヤメに似た紫色の花を咲かせます。別名『誰故草(たれゆえそう)』とも言われます。古くは市内の天山にも自生していたようですが、現在では平等寺だけになってしまいました。福岡県の稀少野生生物の一つで、絶滅危惧(きぐ)種となっている貴重なアヤメ科の植物です。
 エヒメアヤメは、かつて日本が中国大陸と陸続きであったことを証明する植物の一つと言われ、自生地は各所で天然記念物に指定されています。本市では平等寺地区の子どもを中心としたエヒメアヤメ保存会が大切に守り続けています。
                                    [『筑紫野の指定文化財』より]

 
平等寺に自生するエヒメアヤメ
写真 平等寺に自生するエヒメアヤメ

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス