ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から自然石梵字板碑[武蔵](市有形文化財)
更新日: 2017年8月16日

自然石梵字板碑[武蔵](市有形文化財)

 「板碑」とは、追善(ついぜん)供養や逆修(ぎゃくしゅ)供養(生前にあらかじめ死後の冥福を祈って仏事を行うこと)を目的として造られた石製の卒塔婆(そとうば)(板石塔婆)です。中世に盛んに造られました。
 この板碑は、武蔵寺(ぶぞうじ)の山門をくぐった右側に建っています。花崗岩を粗加工し、表面中央に薬師如来を表す梵字「バイ」が刻まれています。造立は貞和3(1347)年で、南北朝時代のものです。
 由緒はハッキリとしませんが、武蔵寺の創建者である藤原虎麿(ふじわらのとらまろ 虎麿長者)の碑と言われています。
 筑紫野市内では最古級の板碑であり、武蔵寺や地域の歴史をたどる上で重要であることから、市有形文化財に指定されました

 
写真

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス