ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(教育・人権・文化・スポーツ)の中の文化財・芸術・歴史から蘆城駅家推定地 御笠地区遺跡の大型建物跡[吉木]
更新日: 2018年1月11日
 

(あし)(きの)(うま)()推定地 ()(かさ)地区遺跡の大型建物跡[(よし)()]

 阿志岐山城跡の直下には、昭和52(1977)~53(1978)年に、ほ場整備事業に伴って調査された御笠地区遺跡A地点があります。筑紫野市の古代遺跡として著名で、大型建物跡(約7.5メートル×10.0メートルの規模)が発見されています。蘆城駅家の一部である可能性が指摘され、注目されてきました。

 蘆城駅家は、大宰府の北東、(こめ)()(やま)峠を越えて豊前国を目指す豊前道(()(がわ)道)の、大宰府側最初の駅家です。後世の『(えん)()式』には記載がなく、『万葉集』に収められた(じん)()(てん)(ぴょう)年間の9首の歌だけに見えることから、平安時代前期には廃止されていたものと考えられます。これは、出土した遺物の年代観とも一致しており、興味をひかれます。

 蘆城駅家の中枢施設の所在については慎重に考察すべきですが、御笠地区の古代遺跡を総合的に研究し、評価する必要があることはいうまでもないでしょう。

 
御笠地区遺跡A地点
御笠地区遺跡A地点
大型建物跡の柱穴
大型建物跡の柱穴

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 教育部 文化情報発信課
電話番号: 092-921-8419
ファックス番号: 092-922-1912


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス