ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(都市整備)の中の都市計画から地区計画制度
更新日: 2017年4月1日

地区計画制度

地区計画の概要

地区計画は、都市計画法に定められた都市計画の種類のひとつで、住民の生活に身近な地区を単位として、道路や公園などの施設の配置や建築物の建て方などについて、地区の特性に応じてきめ細かなルールを定めるまちづくりの計画です。

  地区計画への取り組み

地区計画の一覧及び届出

筑紫野市においては、17地区が地区計画として都市計画決定されています。(平成29年1月24日現在)
地区の特性に応じて、地区施設、建築物等に関する制限などについて必要な事項が定められています。

  地区計画一覧

工事着手前の30日前までに都市計画課に届出が必要です。また、届出は、建築確認申請を提出する前に手続きを行なってください。
地区計画の内容に適合しない場合、設計変更などの勧告を受けます。また、建築条例が定められた地区に限り、処罰されることがあります。

  地区計画の届出

建築条例

建築基準法第68条第2項に基づき、筑紫野市では、市街化調整区域に7地区ある地区計画を対象に、平成23年1月1日から建築条例を施行しています。
これにより、地区計画で定めた項目のうち、建築条例で定める以下の6項目について、地区計画の区域内で建築等に着手する場合は、建築基準法上の審査対象となります。審査は、建築確認申請を提出した行政庁(福岡県)又は指定確認審査機関が行いますが、地区計画等の内容に適合しなければ建築確認済証が交付されません。
   ・「建築してはならない建築物」
   ・「建築物の容積率の最高限度」
   ・「建築物の建ぺい率の最高限度」
   ・「建築物の敷地面積の最低限度」
   ・「壁面位置の制限」
   ・「建築物の高さの最高限度」

  筑紫野市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例

※条例に違反した場合、建築基準法に基づく違反是正措置の対象となるほか、条例に定める罰則の対象になります。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 建設部 都市計画課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-921-1392


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス