ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(都市整備)の中の都市計画から地域地区
更新日: 2018年4月17日
 

地域地区

地域地区は、都市計画法に基づき、都市計画区域内の土地をその利用目的に応じて区分し、建物などに対して必要な制限を設けることで、地域または地区を単位として、土地の合理的な利用を図る制度です。筑紫野市では、用途地域と準防火地域が指定されています。

用途地域

用途地域は、良好な市街地環境の形成や都市における住居、商業、工業などの適正な配置による機能的な都市活動の確保を目的として、建築物の用途、容積率、高さなど規制・誘導するものです。用途地域は、全部で13種類に区分されていますが、本市では下記の10種類の用途地域を設定しています。このほか用途地域には、田園住居地域(農地と調和した低層住宅に係る良好な住居環境の保護を目的とした地域)、工業地域(工場の利便の増進を図る地域)、工業専用地域(専ら工業の利便の増進を図るための地域)があります。

筑紫野市の地域、区域別面積(平成30年4月10日)
区分 市内面積
(ha)
都市計画区域 市街化区域 第一種低層住居専用地域 539
第二種低層住居専用地域 39
第一種中高層住居専用地域 71
第二種中高層住居専用地域 153
第一種住居地域 390
第二種住居地域 23
準住居地域 34
近隣商業地域 30
商業地域 33
準工業地域 109
市街化区域 計 1,421
市街化調整区域 2,972
都市計画区域 計 4,393
準都市計画区域 計 375
都市計画区域外(準都市計画区域を除く) 計   4,005
市域合計 8,773

準防火地域

防火地域、準防火地域とは、市街地における火災の危険を防ぐために定められ、建築基準法と連動して建築物の防火上の構造制限が行われます。筑紫野市では、建築物が密集する準住居地域、近隣商業地域、商業地域において、準防火地域を指定し、建築物の形態により、その構造の制限を行っています。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 建設部 都市計画課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-921-1392


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス