ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の介護保険から介護保険制度とは
更新日: 2015年3月12日

介護保険制度とは

介護保険制度は介護が必要な人を社会全体で支えあう制度です。

 介護保険は、人口の高齢化にともなう介護問題に適切に対応するため、介護を必要とする方を社会全体で  支えるための社会保険制度として平成124月に開始されました。

この制度は、加齢に伴う病気などにより介護を必要とする状態になっても、できる限り自立した日常生活を送ることができるよう、必要なサービスを提供し、利用者の方が自らの選択に基づいたサービスを受けられるようにすることを目的としています。介護保険サービスを利用するためには、「要介護(要支援)認定」の申請をすることが必要です。

介護保険制度は、筑紫野市が保険者となって運営しています。

 40歳以上の皆さんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要と認定されたとき、介護サービス事業者や入所を希望する施設と利用の契約を結びサービスを利用します。

筑紫野市に住民登録をしている40歳以上のみなさんが加入者(被保険者)です。

 年齢によって、第1号被保険者と第2号被保険者の2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件や保険料の決め方が異なります。40歳以上で医療保険に加入している人は自動的に被保険者になるので、手続きの必要はありません。

〔第1号被保険者〕65歳以上の人
  原因を問わず介護や日常生活の支援が必要となったとき、認定を受けサービスを利用できます。

〔第2号被保険者〕40歳以上65歳未満で医療保険に加入している人
  老化が原因とされる病気(特定疾病)により介護や日常生活の支援が必要となったとき、認定を受けサービスを利用できます。

 特定疾病の種類
1. 末期がん(医師が、一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断したもの) 2. 筋萎縮性側索硬化症 3. 後縦靭帯骨化症 4. 骨折を伴う骨粗しょう症 5. 多系統萎縮症 6. 初老期における認知症 7. 脊髄小脳変性症 8. 脊柱管狭窄症 9. 早老症 10. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症 11. 脳血管疾患(外傷性を除く) 12. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病 13. 閉塞性動脈硬化症 14. 関節リウマチ 15. 慢性閉塞性肺疾患 16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 高齢者支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-920-1786


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス