ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の介護保険から介護サービス基盤の整備方針
更新日: 2016年9月14日

介護サービス基盤の整備方針

整備方針は介護保険事業計画で定めます

平成27年度から平成29年度までの整備方針については筑紫野市高齢者福祉計画・第6期介護保険事業計画
(平成27~29年度)で定めています。 


(介護保険事業計画50ページの「6介護サービスの充実」より抜粋)

 高齢者が要介護状態になっても住み慣れた地域で自立した日常生活を営むことを可能としていくためには、十分な在宅介護サービスが確保される必要があります。その一方で、在宅での生活が困難である人には、必要な施設介護サービスが確保されなければなりません。
 
 筑紫野市においては、近隣の自治体と比較すると広域型施設は充足している状況であるため、本計画における介護サービス基盤整備は、在宅重視・地域密着型重視とし、定期巡回・随時対応型訪問介護看護小規模多機能型居宅介護の普及に努め、看護小規模多機能型居宅介護については、参入希望事業者の意向を踏まえ、小規模多機能型居宅介護との代替を検討していきます。
 
 また、平成25年10月に福岡県が実施した特別養護老人ホーム入所申込者状況調査によると筑紫野市の特別養護老人ホーム入所待機者は148人、そのうち在宅の人は46人でした。筑紫野市には、平成26年10月に新たに特別養護老人ホームが設置されたため、一時的に待機者が減少しますが、これまでの経過を踏まえると、年を経るごとに待機者数が増加することが見込まれます。そこで、約50人が入所できるよう地域密着型である認知症対応型共同生活介護及び地域密着型特別養護老人ホームを整備します。

これらを踏まえて以下の介護サービスの整備を積極的に行います。

○地域密着型特別養護老人ホーム 29床

○認知症対応型共同生活介護 18人分

○小規模多機能型居宅介護 2ヵ所

○定期巡回・随時対応型訪問介護看護 1ヵ所

○夜間対応型訪問介護 1ヵ所


事業者の公募について

平成27年度の公募により下記の整備事業者が決定しました。

○地域密着型特別養護老人ホーム 29床

○認知症対応型共同生活介護 18人分

○小規模多機能型居宅介護 1ヵ所

    平成27年度地域密着型サービス事業者公募の選定結果


平成28年度は下記の整備事業者を公募しています。

○小規模多機能型居宅介護 1ヵ所

○定期巡回・随時対応型訪問介護看護 1ヵ所

  平成28年度地域密着型サービスの公募について

※夜間対応型訪問介護も平成27年度に引き続き募集をしています。整備意向のある事業者様は随時ご相談ください。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 高齢者支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-920-1786


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス