ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の介護保険から高額介護サービス費
更新日: 2018年4月5日
 

高額介護サービス費

利用者負担が高額になった場合

 同じ月に利用したサービスの1割、2割又は3割の利用者負担の合計額(同じ世帯に複数の利用者がいる場合には、世帯合計額)が下の表の額を超えたときは、申請により超えた分が「高額介護(予防)サービス費」として後から支給されます。 
 対象となる人には、「高額介護(予防)サービス費支給申請書」を郵送します。 記入して、高齢者支援課の窓口に提出するかもしくは郵送してください。
申請書にはマイナンバー(個人番号)の記入が必要となります(→申請の際に提示していただく書類)

※一度申請されると、以降は上限額を超えたときに自動的に振り込みますので、再度の申請は不要です。


高額介護サービス費利用者負担段階
区分 内 容 上限額
第1段階
 
  • 生活保護の受給者
  • 利用者負担を1万5000円に減額することで生活保護の受給者とならない場合
世帯15,000円
第2段階
 
  • 市民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の人
  • 市民税非課税世帯で老齢福祉年金の受給者
個人15,000円
世帯24,600円
第3段階 市民税非課税世帯で第2段階以外の人世帯24,600円
第4段階 市民税課税世帯の人 ※1世帯44,400円
第5段階
 

 現役並み所得者
 ※同一世帯に住民税課税所得145万以上の65歳以上の方がいる人  

世帯44,400円

※1 平成29年8月から、1か月の利用者負担上限が37,200円から44,400円に引き上げられました。ただし、  年間を通しての負担額が増えないように、同じ世帯の全ての65歳以上の人の利用者負担割合が1割の世帯には、3年間の緩和措置として、年間(8月1日から翌年7月31日まで)の利用者負担上限額446,400円が設定されています。
※施設サービス等での食費・居住費の負担額は、高額介護(予防)サービス費の支給の対象とはなりません。
※住宅改修費や福祉用具購入費は含みません。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 高齢者支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-920-1786


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス