ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の各種計画から次世代育成支援対策について
更新日: 2017年8月29日

次世代育成支援対策について

 少子化対策の流れの中で、平成15年7月に「次世代育成支援対策推進法」が制定され、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、かつ育成される環境の整備を図るため、地方公共団体および事業主は、行動計画を策定するものとなっています。これに伴い、「筑紫野市次世代育成支援行動計画」を策定するなど、関連施策の推進に努めてきました。
 さらに、平成24年8月に、地域をあげて社会全体で子ども・子育てを支援する新しい支え合いの仕組みを構築するために「子ども・子育て支援法」が制定され、平成27年4月に施行されました。これと同時に、次世代の子どもを育成・支援しながら子育て家庭の就業と生活の両立の推進や結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援の推進を新たな目標に掲げ「次世代育成支援対策推進法」が平成27年4月から10年間の延長になっています。

1.筑紫野市次世代育成支援行動計画(地方公共団体の行動計画)

 この計画は、次世代育成支援対策推進法第8条に基づく筑紫野市の行動計画です。筑紫野市では、平成27年3月に、平成27年度から平成31年度までを対象とする行動計画として、第二次筑紫野市次世代育成支援事業(前期)を策定しました。
 なお、この行動計画は、筑紫野市子ども条例における行動計画としても位置づけています。

第二次 筑紫野市次世代育成支援事業(前期)(321kbyte)pdf


2.第二次筑紫野市次世代育成支援事業(前期)の実施状況について

 次世代育成支援対策推進法第8条第6項の規定により計画の実施状況を公表します。
 平成27年度における前期計画の実施状況は、次のとおりです。

行動計画の平成27年度実施状況等調査結果一覧表(240kbyte)xls

行動計画の平成27年度実施状況等調査に係る数値目標の達成状況(35kbyte)xls

行動計画の平成27年度実施状況等調査結果(概要版)(435kbyte)xls


3.事業主の行動計画

 上記の地方公共団体における行動計画以外に、一般の事業所等においても、仕事と家庭の両立などに関する行動計画を策定するものとなっています。

(1)特定事業主行動計画(国および地方公共団体が対象)

 国および地方公共団体の機関は、職員の仕事と家庭の両立等に関し、目標および目標達成のために講じる措置の内容等を記載した行動計画を策定・公表するものとなっています。
 この計画は事業主としての筑紫野市における特定事業主行動計画です。

筑紫野市特定事業主行動計画の紹介ページへ

(2)一般事業主行動計画

 301人以上を雇用する事業主の方は、仕事と子育ての両立ができる雇用環境づくりなどについて、「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を速やかに各労働局雇用均等室に届け出なければなりません。また、300人以下の事業主については努力義務となっています。

 なお、この「一般事業主行動計画」は、平成23年4月1日から次のように届出義務企業が拡大されることになりました。

現  行:従業員301人以上の企業は義務。 300人以下の企業は努力義務
                     ↓
改正後:従業員101人以上の企業は義務。 100人以下の企業は努力義務

一般事業主行動計画の詳細はこちらから(厚生労働省ホームページへリンクしています)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 子育て支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-921-8666


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス