ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の保育所から保育料
更新日: 2017年4月20日
 

保育料

 

 保育料は前年度(9月以降は当該年度)の市町村民税所得割課税額(父母及びその他の扶養義務者の合計額)及び年齢に応じて決定します。保育所(園)の運営に必要な経費は、保護者のみなさま、市、県、国の4者で負担することとされています。
 また、納付については口座振替の利用をお願いしています。毎月末日(金融機関が休みの場合は、翌営業日)が口座からの引き落とし日ですので、ご協力お願いします。

 

平成29年度筑紫野市保育料徴収金額表(早見表)

 

 該当する欄の上段の金額が基本額、中段( )の金額が半額、下段の金額が無料です。

 
 

(平成29年4月1日適用)

入所児童の属する世帯の階層区分     徴収金(月額)
階層区分
市基準
定義 3歳未満児 3歳児 4歳以上児
第1生活保護法による被保護世帯等(単給世帯
を含む)及び中国残留邦人等の円滑な帰国
の促進及び永住帰国後の自立の支援に
関する法律による支援給付受給世帯
0円0円0円
第2第1階層を除き、
前年度
市町村民税
(9月以降は
当該年度
市町村民税)
所得割課税額が、
次の区分に
該当する世帯
市町村民税が
非課税の世帯
9,000円
(0円)
0円
6,000円
(0円)
0円
6,000円
(0円)
0円
第3市町村民税が
均等割のみの世帯
14,200円
(7,100円)
0円
11,200円
(5,600円)
0円
11,200円
(5,600円)
0円
第448,600円未満19,500円
(9,750円)
0円
16,500円
(8,250円)
0円
16,500円
(8,250円)
0円
第548,600円以上
97,000円未満
30,000円
(15,000円
0円
27,000円
(13,500円)
0円
27,000円
(13,500円)
0円
第697,000円以上
169,000円未満
44,500円
(22,250円)
0円
33,930円
(16,960円)
0円
27,820円
(13,910円)
0円
第7169,000円以上
301,000円未満
53,000円
(26,500円)
0円
33,930円
(16,960円)
0円
27,820円
(13,910円)
0円
第8301,000円以上
397,000円未満
61,000円
(30,500円)
0円
33,930円
(16,960円)
0円
27,820円
(13,910円)
0円
第9397,000円以上79,850円
(39,920円)
0円
33,930円
(16,960円)
0円
27,820円
(13,910円)
0円
 

※児童の年齢は、年度初日におけるものです。

※上記の表の市町村民税は、住宅取得等特別控除、配当控除等、優良宅地控除、寄附金控除等の控除を適用しません。

 

※短時間保育の児童については、上記の表と若干の差異がありますので次の表でご確認ください。

・平成29年度筑紫野市保育料徴収金額表(短時間).xls (38kbyte)xls


多子世帯の軽減

・市町村民税所得割課税額が57,700円以上の世帯は、同一世帯から2人以上の小学校就学前の子どもが、保育所、幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部に入所しているか、児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用している場合において、上から2人目の子どもの保育料は半額、3人目以降の子どもは無料となります。

・市町村民税所得割課税額が57,700円未満の世帯は、上の子どもが小学生以上の場合も含め第2子は半額、第3子は無料となります。ただし、非課税世帯は、第2子以降から無料となります。また、上の子どもの収入や勤務状況により、生計を一にすると認められない場合は、軽減対象外となります。上の子どもが別居の場合は、生計を一にすると客観的に判断できる書類(学生証の写し等)をご提出ください。


ひとり親世帯及び在宅障害者(児)世帯等の軽減

・ひとり親世帯、在宅障害者(児)のいる世帯等は、第2階層の世帯は無料、第3階層から第5階層の世帯のうち、市町村民税所得割課税額が77,101円未満の世帯は、上の子どもが小学生以上の場合も含め、第1子は次表の額、第2子以降は無料となります。ただし、上の子どもの収入や勤務状況により、生計を一にすると認められない場合は、軽減対象外となります。上の子どもが別居の場合は、生計を一にすると客観的に判断できる書類(学生証の写し等)をご提出ください。

 
次表
市町村民税均等割のみ
ひとり親・在宅障害者(児)の世帯
6,600円5,100円5,100円
市町村民税所得割額77,101円未満の
ひとり親・在宅障害者(児)の世帯
9,000円6,000円6,000円

※詳しくは、担当者にお尋ねください(お問い合わせ先は下記)。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 子育て支援課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-921-8666


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス