ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中のよくある質問Q&Aの中の健康・子育て・福祉Q&Aから家庭でできる食中毒予防について知りたい。
更新日: 2009年5月26日

質問

家庭でできる食中毒予防について知りたい。

回答

1.食中毒菌をつけない(清潔・洗浄)
 食中毒をおこす細菌は、魚や肉、野菜などの食材に付着していることがあります。この食中毒菌が手指や調理器具などを介して他の食品を汚染し、食中毒の原因となることがあります。手洗いと食材や調理器具の洗浄を徹底しましょう。

2.食中毒菌を増やさない(迅速・冷却)
 食中毒菌は、時間の経過とともに増えるので、調理は迅速にし、調理後は早めに食べる事が大切です。また、細菌は通常、10℃以下では増殖がゆるやかになるので、食品は室温に長時間放置せず、冷蔵庫に保管しましょう。
3.食中毒菌をやっつける(加熱・殺菌)
 一般に食中毒を起こす細菌は熱に弱いため、食品を十分に加熱することで殺菌することが出来ます。また、調理器具は煮沸、日光、塩素剤などで消毒しましょう。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 健康推進課
電話番号: 092-920-8611
ファックス番号: 092-926-6006


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス