ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の健康情報からマダニによる感染症に注意しましょう
更新日: 2015年5月20日

マダニによる感染症に注意しましょう

平成27年5月19日、重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)の患者が福岡県内で初めて確認されました。SFTSの主な感染原因は、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染するとされています。(すべてのマダニがこのウイルスを持っているわけではありません。また、このほかにも、マダニが媒介する感染症には、日本紅斑熱やライム病が知られています。)


「マダニによる感染症に注意しましょう(福岡県)」はこちら
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省)」はこちら
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(国立感染症研究所)」はこちら

マダニとは

  • マダニはマダニ科のダニ類の総称で、食品等に発生するコナダニ類や衣類や寝具に発生するヒョウヒダニ・ツメダニ類など、家庭内に生息するダニとは種類が異なります。
  • マダニ類は、比較的大型(吸血前で3ミリメートルから4ミリメートル)のダニで硬い外皮に覆われており、吸血すると10ミリメートルから15ミリメートルになります。(家庭内に生息するダニの多くは、0.5ミリメートル以下です。)
  • 日本でも全国的に分布しており、主に森林や草地等の屋外に生息していて、市街地でも見られることがあります。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは

SFTSは、SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染するといわれており、感染予防策としては、マダニに咬まれないことが重要です

全てのマダニがSFTSウイルスを保有しているわけではありませんが、マダニは春から秋にかけて活動が活発になりますので、森林や草むらなどマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用するなどマダニに咬まれないよう、肌の露出を避けるよう対策を講じてください

もし、マダニに咬まれた場合は、マダニを無理に取り除こうとせず、速やかに医療機関(皮膚科)を受診し、処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらってください。
また、マダニに咬まれた後、2週間程度は体調の変化に注意しながら、発熱等の症状が認められた場合は、医療機関を受診し「マダニに咬まれた」ことを伝えてください。

また、マダニに咬まれた後、2週間程度は体調の変化に注意しながら、発熱等の症状が認められた場合は、医療機関を受診し「マダニに咬まれた」ことを伝えてください。

関連情報(厚生労働省ホームページ)

「重症血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(第3版)」はこちら
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第一報)」について」はこちら
「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第二報)」について」はこちら

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 健康推進課
電話番号: 092-920-8611
ファックス番号: 092-926-6006


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス