ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の健康情報から食育講演会のお知らせ
更新日: 2018年10月4日
 

食育講演会のお知らせ

 


今だからこそ考えたい“自炊力”


 
九州大学では「自炊塾」という講座が人気を集めています。
現在の大学生を見てこのまま放っておけない!と講師の比良松さんが始めたもので、コンビニ食品や外食に頼らず自炊する能力を身に付けるための講座です。
下の表は九州大学の学生の食事です。
九州大学の学生の食事をまとめた表です
どうしてこのような食生活になるのか、それは大学生になるまでに料理をしたことがほとんどないからだということです。
私たちの食はこのままで良いのでしょうか。
今、高校生の4割が、血糖や血圧などの基準値を超え生活習慣病の予備群になっています。食にあふれている今だからこそ“自炊”について考えたいものです。

子育て・孫育てをしている方や食に関心がある人にぜひ聞いていただきたい講演会です。
食育講演会のチラシの画像です

講師

比良松 道一さん(九州大学持続可能な社会のための決断センター准教授)

研究室の学生が始めた「弁当の日」に参加し、食育に目覚める。当時、保護者会長を務めていた小学校の学童保育において、弁当の日を実践。学童保育所の弁当の日としては全国初の取り組み。共働き家庭や片親家庭を中心とした現代の「共同の子育て」を実践するうえで、弁当の日が大変有効な方法であることを実証した。
九州大学では、大学の授業として「自炊塾」を開講。3ヶ月半で大学生の人生を変えるほどの影響力を持つ教育として注目される。


日時

平成30年11月29日(木曜日)

10時00分から11時30分まで (開場は9時45分から)

場所

筑紫野市総合保健福祉センター「カミーリヤ」 2階視聴覚室

参加費

無料

対象、定員

市内在住の人、先着100人
※託児は先着30人です。4ヶ月以上で首がすわっている子どもが対象となります。

予約申し込み

申し込みページはこちら

※電話でも申し込みできます

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 健康推進課
電話番号: 092-920-8611
ファックス番号: 092-926-6006


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス