ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の赤ちゃんから産科医療補償制度について
更新日: 2017年4月10日

産科医療補償制度について

産科医療補償制度とは、分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子様とその家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的とした制度です。

補償対象

この制度に加入している分娩機関の管理下で、2015年1月以降に出生し、以下の基準をすべて満たすお子様が補償対象となります。
  • 在胎週数32週以上で出生体重1,400g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
  • 先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
  • 身体障害者手帳1級・2級相当の脳性まひ
※生後6ヶ月未満で亡くなられた場合は、補償の対象となりません。
詳しくは産科医療補償制度ホームページ(補償申請について)をご覧下さい。

申請期間と手続きについて

申請できる期間は、お子様の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです。
※例として、平成21年1月1日生まれのお子様は平成26年1月1日が申請期限となります。
詳しくは産科医療補償制度ホームページ(補償申請の手続き全体の流れ)をご覧下さい。

問い合わせ先

産科医療補償制度専用コールセンター
0120-330-637  受付時間:午前9時から午後5時(土日祝除く)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 健康推進課
電話番号: 092-920-8611
ファックス番号: 092-926-6006


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス