ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(健康・子育て・福祉)の中の赤ちゃんから妊婦健康診査補助金請求の手順(指定外医療機関で受診の場合)
更新日: 2017年8月30日

妊婦健康診査助成金請求の手順(指定外医療機関で受診の場合)

里帰り出産等で、福岡県・佐賀県・大分県以外の医療機関および県外の助産院で妊婦健康診査を受診される場合には、妊婦本人の事後申請に基づき限度額の範囲内で市が健診費用を助成します。下記の通り手続が必要です。

医療機関を受診するとき

  • 妊婦健診補助券を医療機関(助産院)へ持参して、健診をうけてください。 
  • 補助券太枠内は、ご本人で記入してください。 
  • 妊婦健診の結果は医療機関(助産院)で記入してもらってください。 
  • 健診にかかる料金は、一旦自己負担してもらいます。 
  • 病院発行の領収書を必ずもらってきてください。

健診受診後、健康推進課(カミーリヤ)へ持ってくるもの

  • 妊婦健診補助券 
  • 領収書 
  • 通帳 
  • 印鑑

健康推進課の窓口で申請書と請求書を記入してもらいます(ご家族の代理でも可)。
2ヶ月程度で指定された口座に振込みます。
※産後落ち着いてからで結構です。
※必要書類への記載に10分程要します。

助成金額の上限

助成金額は、以下の通り上限が決まっています。上限額を超えた場合の差額は自己負担、満たない場合は支払われた額までの助成となります。
なお、補助券の項目以外の内容を実施された場合は補助の対象にはなりませんのでご了承ください。

妊婦健康診査の種類 限度額
基本健診・妊娠初期血液検査14,750円
基本健診(8回分)1回につき、5,100
基本健診・超音波・貧血・血糖検査13,020円
基本健診・貧血検査6,690円
基本健診・超音波検査9,880円
基本健診・性器クラミジア検査8,700円
基本健診・B群溶血性レンサ球菌(GBS)検査8,300円

申請様式


その他

福岡県・佐賀県・大分県の医療機関でも同様の手続が必要な場合があります(県医師会に未加入の医療機関)。
妊婦健診費用の助成については、こちらのページをご参照ください。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 健康福祉部 健康推進課
電話番号: 092-920-8611
ファックス番号: 092-926-6006


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス