ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の上・下水道から水道法第24条の2の規定による筑紫野市水道事業の情報提供
更新日: 2016年10月31日
 

筑紫野市水道事業情報提供

 

水道法第24条の2および水道法施行規則第17条の2の規定により、筑紫野市の水道事業に関する情報を提供します。

 

水道事業の実施計画

1.事業形態

 

 平成18年12月7日に「筑紫野市水道事業 第6次拡張事業」について、厚生労働大臣の認可を受けた筑紫野市が経営する水道事業

2.第6次拡張事業の期間

 平成17年から平成29年

3.給水区域

 別紙一覧表(ワード (33kbyte)doc PDF (48kbyte)pdf

4.計画総事業費

 2,257,890,000円

5.組織体制

 環境経済部 
   上下水道料金総務課 財務管理担当、料金担当
   上下水道工務課 給排水担当、水道担当、下水道担当で運営 → 組織図 (32kbyte)pdf

6.水道水源~浄水施設の管理体制

 
管理体制
水源種別名称 浄水場の名称 管理
表流水(水呑ダム)(市営)山口浄水場業者に委託管理
地下水(浅井戸)(市営)常松浄水場職員常駐、業者に委託管理
浄水受水(山神ダム)山神水道企業団(企業団浄水場)企業団管理
浄水受水(筑後川)福岡地区水道企業団(牛頸浄水場)企業団管理

7.事務分掌

 

 筑紫野市公営企業管理規程参照

8.事務所所在地

 

 筑紫野市二日市中央2-10-10

 

水質検査計画および検査結果

 

 水質検査計画および水道法第二十条第一項の規定により行う定期の水質検査の結果については、下記のリンク先のページに記載しています。
1.水質検査計画 
2.水質検査結果

 

財務状況

 筑紫野市の水道事業の概要については「筑紫野市の水道事業について」をご覧ください。

決算書

 平成27年度  決算書 (296kbyte)pdf
 平成26年度  決算書 (89kbyte) pdf
 平成25年度  決算書 (78kbyte)pdf
 平成24年度  決算書(508kbyte)pdf

予算書

 平成28年度  予算書 (713kbyte)pdf 
 平成27年度  予算書 (76kbyte)pdf
 平成26年度  予算書 (966kbyte)pdf
 平成25年度  予算書 (203kbyte)pdf
 平成24年度  予算書(5,905kbyte)pdf

 

水道料金等の負担

1.水道料金

 水道料金は、基本料金(水道メーター口径別)と使用された水量に応じて計算する従量料金の合計額です。筑紫野市水道事業給水条例第21条参照
 詳しい情報は、「水道料金について」をご覧ください。
 なお、「上下水道使用料早見表」、「料金の請求および納付について」、「水道メーターの検針について」もあわせてご覧ください。

2.加入金

 給水装置の新設工事および改造工事の申込者は、水道利用加入金を納入しなければなりません。
 筑紫野市水道事業給水条例第6条の2参照
 詳しい情報は、「水道利用加入金について」をご覧ください。

3.手数料

 各種証明や、水道の申込みの際に設計審査手数料などを収める必要があります。
 筑紫野市水道事業給水条例第28条、および同条例別表(第28条関係)参照

 

宅地内の水道工事の施行と維持管理

1.水道工事

 

 給水装置の工事は筑紫野市指定給水装置事業者でなければ工事を行うことが出来ません。
 筑紫野市水道事業給水条例第7条参照
 詳しい情報は、「宅地内の水道および下水道工事の施工と維持管理」をご覧ください。

2.貯水槽水道の衛生管理

 

 貯水槽水道の設置者は、その衛生面について十分に管理する必要があります。
 筑紫野市水道事業給水条例第33条の2参照
 詳しい情報は、「水道(貯水槽)施設について」をご覧ください。

3.漏水防止について

 

 飲料用として浄水された水を無駄にしないために以下を参照してください。
 漏水防止の必要性
 漏水の早期発見について

4.水道管の凍結防止について

 

 宅内給水管の凍結防止のために以下を参照してください。
 水道管の凍結防止対策について

5.その他

 

 以下の2点について早急にお知らせくださいますようご協力ください。
 新しく入居されるみなさま
 引越しが決まったら

 

危機管理マニュアル

 

筑紫野市水道事業危機管理マニュアル 概要版(平成27年度) (87kbyte)pdf 

水道施設の耐震性能、耐震性の向上に関する取組等の状況に関する事項

 

耐震管の割合 11.2パーセント(平成28年3月31日現在)
耐震管の延長 49,044メートル(管路延長 437,742メートル)

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 環境経済部 上下水道料金総務課 財務管理担当
電話番号: 092-923-7113
ファックス番号: 092-921-1133


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス