ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(観光・産業)の中の農林業から利用権設定(農地貸借)について
更新日: 2013年3月31日

利用権設定(農地貸借)について

利用権設定とは

 利用権設定とは、小作権が発生しない農地の貸借契約で、市が公告することで効力が発生します。
 契約期間が過ぎると、自動的に契約は終了し、利用権は解除されます。
 契約終了直前に、市から更新の案内をお送りしますので、再度、利用権設定申請書を提出されると、継続して利用権設定することができます。
 貸借期間は原則3年、6年、10年となっており、期間借地(麦の作付け期間のみ等)の貸借契約も可能です。

利用権設定の注意点

  • 借り手が農家でない場合、所有地、借地の総農地面積が5,000平方メートルを超える必要があります。
  • 市街化区域の農地については原則、利用権設定ができません。

受付窓口

 貸し手と借り手の方がお互いに決まっている場合は、農政課にて受付致します。農政課に用意している申請書をお持ち帰りいただき、相互で記入、押印後、農政課にご提出ください。(書類受け取り、提出時はどちらかお一人でかまいません。)
 また、借り手をお探しの場合(誰かに農地を貸したい等)は、農地利用集積円滑化団体(筑紫野市農政課)までお問い合わせください。

利用権設定申請書 受付締め切り

  • 6月11日開始分(水稲作付分)4月中旬頃
  • 11月11日開始分(麦作付分)9月中旬頃

※詳しくは農政課にご確認下さい。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 環境経済部 農政課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-9634


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス