ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の環境保全から油流出事故防止について
更新日: 2015年7月6日

油流出事故の防止について

  油の流出事故は、河川や土壌を汚染し、生活環境や生き物に影響を与えるおそれがあります。流出した油類や廃液の除去および処理は大変困難で、多くの労力と時間と費用が必要となります。
 事故の処理に要した費用は、故意・過失を問わずすべて原因者による負担となり、さらに農業や漁業などへの被害があった場合の補償を求められることもあります。
 このような事態を防ぐためにも、日頃から施設の点検や管理を徹底し、事故の未然防止に努めてください。                                                

                                                       


家庭で注意すること

 ・屋外で灯油を給油するときは、目を離さず、容器から溢れないようにしましょう。
 
 ・タンクに亀裂や破損がないか点検しましょう。
 
 ・不要になった油や農薬などを、用水路や側溝に流すことなく適切に処分しましょう。

工場・事業場で注意すること

 ・油類や化学薬品などをタンクに補給するときは、目を離さず、こぼさないようにしましょう。

 ・タンクは、安定した場所に設置し、転倒防止を行いましょう。
 
 ・タンクや配管に腐食や亀裂などがないか、量が急激に減っていないか、定期的に点検しましょう。特に、地下にタンクや配管がある場合は、漏えいに気づきにくいので注意をしましょう。
 
  ・油水分離槽や排水処理施設の管理を徹底しましょう。大雨の影響で漏えいするという事例もあります。

 ・重機の油圧可動部の破損等ないか確認しましょう

  ・廃油などは、適正に管理、処分しましょう。

  ・万が一の場合に備えて、土のうや油吸着材などの資材を準備しておくとともに、定期的に事故を想定した訓練を実施しましょう。
 
  ・緊急連絡網を作成するなど、緊急時の体制を整備しましょう。


このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 環境経済部 環境課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-9642


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス