ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の環境保全から「オオキンケイギク」などの駆除にご協力ください!
更新日: 2020年3月6日
 

「オオキンケイギク」などの駆除にご協力ください!

 特定外来生物を見つけた場合、原則では、環境課まで情報提供をお願いしていますが、「オオキンケイギク、アレチウリ」は、駆除への協力をお願いしています。

 いずれも、目につきやすく、防除の方法が確立されていること、安全に防除することができることから、福岡県全体で呼びかけています。

 そのほかの特定外来生物の対応については、以下のページに詳細を掲載しています。

 「特定外来生物などの外来種について知っていただきたいこと」のページにリンクしています。

オオキンケイギク、アレチウリはどうやって見分けるの?

 オオキンケイギク、アレチウリの特徴は、主に以下のようなものがあります。

オオキンケイギクの特徴

  • 花はコスモスに似た形状で直径5センチメートルから7センチメートル程度の頭状花(茎の先端に1つの花を付ける)
  • 花びら(舌状花)の色は黄橙色で、花の中央部(管状花)も同じ色をしている。
  • 花びらの先端には不規則に4から5つのぎざぎざがある。
  • コスモスとは開花時期が異なっている。

アレチウリの特徴

  • ウリ科植物特有の巻ヒゲがある。
  • ハート形の五角形の大型の葉がツルから1本づつ伸びる。
  • 葉身より葉の柄は短く、茎には互い違いにつく。

 九州地方環境事務所が作成しているリーフレットでは、それぞれの特徴、防除の方法について、イラストで紹介しています。(クリックで拡大できます)

オオキンケイギク、アレチウリの見分け方

駆除の際に注意してほしいこと

  1. 似た植物にご注意を!
    いずれの植物も、類似したものが存在します。その中には、在来種はもちろん、希少な生きものである可能性のあるものもいます。
    それらを見分けずに全て駆除してしまうことは、生態系へ影響を与えてしまうことになります。せっかく生態系を守るために駆除をしたのに、結果的にそれを乱してしまうのは悲しいことです。オオキンケイギクかな?と思ったら、まずは特徴を確認しましょう!
  2. 確実に処分しましょう!
    種子が落ちると、土の中で何年も生き残ります。根本から株ごと引き抜いたら、袋に入れて密封して、枯らしてください。完全に枯れたあとは、燃えるごみとして処分してください。
    処分が適正に行われないと、運ばれた先で再び根をはり、生息域を増やしてしまうことになります。

地域活動で駆除を行うには

 オオキンケイギクなどは、河原や道端に生えていることが多く、地域で清掃を行うときに一斉に駆除したいという場合があります。

 その場合は、以下の順番で駆除を行うことで、法律に違反することなく活動することができます。

  1. チラシなどで活動を行うことをお知らせする。
    いつ、どこで、誰が行うのかを事前に告知してください。チラシを地域の回覧板や掲示板に入れることで周知ができます。このとき、環境課にもその旨をおしらせください。
  2. お知らせした期日に駆除を実施する。
  3. ごみ処理施設に運搬する。
    大量に駆除したときは、ごみ袋に入れて枯らすのは大変です。この方法で駆除を行った場合は、処分するためであれば生きたまま(引き抜いてすぐに)運ぶことができます。
    こぼれ落ちないように注意し、ごみの焼却施設へ持ち込みましょう。

駆除に関する詳細は

 九州地方環境事務所のホームページに詳細な内容が掲載されています。詳細についてはそちらをご覧ください。

 九州地方環境事務所ホームページ「外来生物対策 オオキンケイギクについて」にリンクしています。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 環境経済部 環境課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-9634


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス