ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
 
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
 
 
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の筑紫野市議会から筑紫野市議会基本条例
更新日: 2017年10月27日
 

筑紫野市議会基本条例

筑紫野市議会基本条例とは

 

 地方分権時代にふさわしい議会のあり方および議会・議員の担うべき役割等を明らかにするとともに、議会改革の推進と活性化を図るため、その基本的理念や方向性を示し、議会・議員の活動原則や市民と議会との関係、市長等と議会との関係などを定める条例です。

筑紫野市議会基本条例制定までの経緯

 筑紫野市議会基本条例(以下「議会基本条例」という。)は、平成25年第2回(3月)定例会において、上程および可決いたしました。
 議会基本条例は、議会活性化調査特別委員会にて調査・研究を重ねて、策定したものです。
 議会活性化調査特別委員会は、平成21年12月18日に「地方分権の進展に伴い、議会の団体意思決定機能をはじめ、監視・公開機能、政策提案および議会・議員の担うべき役割等を示す議会基本条例の制定に向けて、調査研究を行い、もって議会の活性化に資すること」を目的として、10人の議員で構成、設置しました。
 この特別委員会では、設置から平成23年5月25日の改選までに、2つの分科会に分かれての研究や11回にわたる委員会での調査・研究の中で、現状と課題の整理を行い、改選後の特別委員会に引き継ぐための中間報告を行いました。
 そして改選後、平成23年6月10日に、議員全員で構成する特別委員会として改めて設置し、改選前に出された中間報告を元に、議会基本条例に関する調査・研究を継続することとなりました。
 新設された議会活性化調査特別委員会は、設置から35回にわたる委員会開催し調査・研究を行いながら、市民説明会やパブリックコメントを行い、平成25年第2回(3月)定例会での議会基本条例の上程および可決に至りました。

筑紫野市議会基本条例の逐条解説

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 議会事務局 議事課
電話番号: 092-929-5399
ファックス番号: 092-923-9611


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)
このページは役に立ちましたか?



 
 
 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

 
サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス